大茶園の小さな農家

深蒸し茶 静岡茶 通販:大茶園の小さな農家
 0548-54-0068
お問い合わせ

深蒸し茶静岡茶通販サイト

深蒸し茶の決め手は蒸し、

静岡茶大産地の牧之原で、蒸しにこだわった深蒸し茶を生産しています。

ぜひお試し下さい。

 

◆初めてのお客様は、1,000円以上のご注文で送料無料。

hajimeteaaaa.jpg

 

◆二回目のご注文からは、6,000円以上のご注文で送料無料。

tyuumonbotanaaaa.jpg

 

syouhinitiranaaaa.jpg

 

tyuumonnhouhouaaaa.jpg

 

     ◇

 

     ◇

 

dekigoto2020aaaa.jpg

戸塚家の茶園の様子や農作業、そして日々の出来事を紹介しています。

・もう少し:10月14日

秋冬番茶の収獲は、もう少しで終わります。

だいぶ疲れてきたので、最後まで怪我のないように気を付けます。

(18日に終了しました。)

syuutouban20201014aaaa.JPG

 

 

◆私達が作っています

茶園管理から製造・販売・発送まで、私達が行っています。

watasitatiaaaa.jpg

 

 

◆茶農家戸塚家のあゆみ

私達の取組や、挑戦してきたことを紹介しています。

ayumiaaaa.jpg

 

 

◆私達の身体作り

私達は身体が資本、普段から身体づくりを心がけています。

karadatukuriaaaa.jpg

 

 

◆茶ちゃちゃ通信

我が家で、新茶の季節と秋に発行している通信物です。

chachachaaaaa.jpg

 

 

◆戸塚家の基本方針

・自分達で納得できる深蒸し茶を販売しています。

・結果に一喜一憂せず、常に上を目指しています。

 

◆戸塚家の深蒸し茶とは?

・味が濃くてコクがあります。

・毎日飲んでも飽きの来ません。

 

◆戸塚家の茶園管理とは?

・茶樹の気持ちになって、茶園管理をしています。

・有機質主体の自家製配合肥料を施しています。

・健全な新芽が育つように、茶樹を仕立てています。

 

saibaiaaaa.jpg

 

 

◆戸塚家の製茶とは?

・収獲した茶葉は、その日のうちに製造しています。

・自分が納得するまで蒸しをすすめています。

・蒸した後の製茶工程は、基本を忠実に守っています。

seichaaaaa.jpg

 

      ◇

 

静岡県は、県内各地にお茶産地があります。

我が家の茶園は、牧之原台地にあります。 

 

牧之原台地とは? 

江戸時代末まで、牧之原台地は未開拓の原野でした。

明治維新で職を失った武士達は、勝海舟の尽力で牧之原台地の土地を手に入れることができました。

その後、武士達は牧之原台地へ開拓に入りました。

しかし、刀を鍬に持ち変えての開拓はたいへん厳しいものでした。

 

牧之原台地とは、東名高速道路の静岡ICと浜松ICのほぼ中間地点にある「相良牧之原IC」周辺です。

 

 ・・・・・

 

なぜ、牧之原台地にはお茶が植えられたのか?

茶の栽培は、大量の水を必要としないからです。

ですから、水のない牧之原台地でもお茶を栽培することができました。

さらに、牧之原台地の土は弱酸性なので茶の栽培に適しました。

やがて、牧之原台地は現在のように一面が茶畑になりました。

今では深蒸し茶の大産地です。

 

     ◇

 

◆深蒸し茶とは?

fukamusichatohaaaaa.jpg

深むし茶とは、普通煎茶よりも長く蒸して製造したお茶のことです。  

日照時間の長い牧之原台地で育った茶葉は、葉肉が厚くなります。

葉肉の厚い茶葉は、普通に蒸して製造すると苦みがでてしまいます。

この欠点をやわらげるため、深蒸し製法が考案されました。

深蒸し茶は、製茶機械の進歩と共にさらに蒸しがすすめられました。

蒸しが進むにつれて、茶樹の栽培方法も変わって来ました。

 

     ◇

 

◆初めてのお客様は、1,000円以上のご注文で送料無料。

hajimeteaaaa.jpg

・お支払い方法を[郵便振替][銀行振込][代金引換]のどれかにしていただければ、送料は請求しません。

・注文するときのレジは「自動計算システム」なので、6,000円未満のご注文ですと送料680円が請求されています。

・こちらからお送りする「自動返信メール」でも送料680円が請求されています。

改めて「確認メール」をお送りしますので、そこで合計金額を確認して下さい。

・[クレジットカード決済]は、システム上送料無料にする事ができません。

 ですから、送料680円分のお茶をお付けします。

・1,000円未満のご注文は、送料が680円かかります。

・「代金引換」は、手数料が265円かかります。

・銀行振込の手数料は、お客様のご負担です。

 

◆二回目のご注文からは、6,000円以上のご注文で送料無料。

tyuumonbotanaaaa.jpg

 

syouhinitiranaaaa.jpg

 

tyuumonnhouhouaaaa.jpg

 

     ◇

 

◆お茶の淹れ方教室

お茶の性質を知れば、お茶の淹れ方は簡単です。

ochakyousituaaaa.jpg

 

 

◆動画 お茶の淹れ方

日本茶インストラクター資格を持つ勇太が、お茶の淹れ方を動画で説明しています。

dougairekataaaaa.jpg

 

 

◆急須が詰まった?

急須の網の掃除方法です。

kyuususoujiaaaa.jpg

 

 

◆栄西禅師

日本委茶の習慣を広めた、茶祖といわれる僧侶です。

eisaizensiaaaa.jpg

 

 

◆静岡茶発祥の地

聖一国師が中国から持ち帰った茶の種を、静岡市足久保に播いたのが静岡茶の始まりといわれています。

asikuboaaaa.jpg

 

 

◆牧之原台地のはじまりは?

牧之原台地は、明治時代初期まで広大な原野でした。

昔は鍬で開墾しましたが、今では大型重機が入ります。

makinoharadaitiaaaa.jpg

 

 

◆牧之原台地の開拓と蓬莱橋

蓬莱橋は、牧之原台地の開拓で必要になって掛けられた橋です。

houraibasiaaaa.jpg

 

 

◆茶畑の飛行場

戦時中、牧之原台地には飛行場がありました。

hikoujouaaaa.jpg

 

 

◆やぶきた茶誕生秘話

お茶の品種「やぶきた」は、1908年に選抜されました。

yabukitaaaaa.jpg

 

 

◆「YOMOっと」静岡茶

「YOMOっと」とは、静岡新聞が発刊している日曜版子供新聞です。

静岡茶が解りやすく解説されました。

yomottoaaaa.jpg

 

 

◆ふじのくに茶の都ミュージアム

牧之原台地にある、お茶専門の博物館です。

fujinokuniaaaa.jpg

 

     ◇

 

sekairyokutyakyoukaiaaaa.jpg

お茶の情報が満載のサイトです。

 

     ◇

  

店舗情報

店名 大茶園の小さな農家
販売方法 実店舗はありません。
通販での販売のみとなります。
初めてのお客様は、1,000円以上のご注文で送料無料。
2回目からは、6,000円以上のご注文で送料無料。
ご注意 昼間は農作業に出ているので、電話に出ることが出来ません。
住所 静岡県 牧之原市白井1717
Tel 0548-54-0068
Fax 0548-54-0068
最寄り駅 JR金谷 JR菊川
道順
2020.10.24 Saturday