静岡茶の通販 深蒸し茶 | 大茶園の小さな農家 |

静岡県牧之原市の茶農家が運営する、“深むし茶”通販サイトです。
 0548-54-0068
お問い合わせ

深蒸し茶とは

お茶の葉は、摘採した瞬間から酸化が始まります。

緑茶は摘採した葉が新鮮なうちに蒸してから製造する不発酵茶ですが、この蒸し時間を長くすると深蒸し茶になります。

深蒸しは、蒸し時間が長いので葉が柔らかくなり、製造する行程途中でこなれてしまいます。

ですから形は粉っぽいのですが、味や水色は濃くなります。

musi20190419.JPG

深蒸しに対して浅蒸しもあります。

こちらは、蒸し時間を短くして製造しています。

高級な玉露や手揉み茶は浅蒸しが多いです。

また、消費者の好みも時代と共に変わってきました。

今では、深蒸し茶も多くの方に飲まれる様になり、それに伴って機械が開発されました。

急須もそうです。

深蒸し茶は淹れる時に急須の網が目詰まりするという欠点がありましたが、今では深蒸し急須が普及したので困ることはありません。

我が家でも時代の変化と共に作るお茶が変わってきました。

中蒸しの時代から徐々に蒸しを進めていって限界まで蒸した時代もありました。

現在は、収獲した葉に蒸しを合わせています。

というよりは、自分が作りたい深蒸し茶に適した葉が穫れる様な茶園管理を心がけています。

余談)

お茶の成分には水に溶けるものと溶けないものがあり、多くの成分は茶殻に残っています。

普通煎茶と深蒸し茶に含まれている成分量は同じですが、深蒸しは葉が細かいので急須で淹れて注ぐ時に粉まで出てきます。

この粉を飲むことで、茶葉に残っている成分を摂取することができます。

参考意見)

普通煎茶でも粉末にして飲めば、成分をたくさん摂取することができます。

しかし、この方法は成分を摂取するには有効ですが、美味しく飲むにはお薦めできません。

お米でいうと、玄米は身体に良いと解っていても、我が家では5分づきにしています。これと同じようなことだと思って下さい。

深蒸しに適した茶園管理

1.一番大切なことは茶園環境です。

牧之原台地の様に日照時間が長い地域は深蒸しに敵していますが、日照時間の短い山間部は不向きです。

そして、土壌は弱酸性が良いです。

2.仕立て方も大切です。

環境がいくら深蒸しに適していたとしても、茶樹の仕立て方を間違えば深蒸しに適した葉は育ちません。

どう仕立てるかは各農家の考え方で違いますが、経験がものをいいます。

肥料は、味と収穫量に大きく影響します。

どんな肥料をどの時期にどれだけ施すかは各農家の考え方で違いますが、基本はJA指導員等が示してくれます。

どんな肥料が良いのか?

これも各農家の考え方と予算で違いますが、高度経済成長期には高価な肥料を大量に施した時代もありましたが、今そんなことをすれば経営が行き詰まってしまいます。

我が家では春と秋の年2回は自家製配合肥料を施していますが、夏場は化成肥料です。

自家製配合肥料は経費削減で始めたことですが、長年続けているうちに市販の肥料では満足できなくなりました。

以上、茶農家の視点で書かせて頂きました。

解りにくい箇所があると思いますが、お許し下さい。

 

2019.10.21 Monday