深蒸し茶 静岡 通販|大茶園の小さな農家

 0548-54-0068
お問い合わせ

茶の栽培

お茶は作られる地域により特徴がちがいます。

静岡県内の各茶産地で作られるお茶も地域により特徴がちがいます。

 

中山間地で育つ茶葉は葉肉が薄いので「普通煎茶」が適しています。

日照時間の長い台地で育つ茶葉は葉肉が厚いので「深蒸し茶」が適しています。

 

わが家の茶園は牧之原台地にあります。

ですから「深蒸し茶」です。

台地の茶葉で作った深蒸し茶は味が濃くなります。

 

         ◇

 

肥料

わが家は春と秋は自家製配合肥料を施します。

原料は効果が長続きする飼料用魚粕や圧搾菜種粕を使っています。

肥料を施した後は必ず土とまぜています。

 

jikahai20200124aaaa.JPG

 

茶樹の仕立て

葉が大きくてたくさんあれば肥料がよく効きます。

なので、茶樹の葉層が厚くなるように、そして葉が大きくて葉肉が厚くなるようにしています。

 

sinme20200322baaaa.jpg
 

 

余談

乗用型摘採機が導入される前、茶の木はかまぼこ型をしていました。

なぜでしょうか?

それは、摘採面積を広くするためです。

摘採面積が増えれば収穫量が増えると考えられていました。

でも、そんなことはありません。

 

donten20200618aaaa.jpg

 

高品質なお茶を作るには、新芽をミル芽(若くて柔らかい芽)で摘むのが基本です。

 

simohara20200417aaaa.jpg

 

ミル芽で摘めば収穫量は少ないのですが、茶葉に含まれる成分は多くなります。

ミル芽で作ったお茶は旨み成分が多くて美味しいです。

 

         ◇

 

お茶の販売価格と収穫量を掛ければ茶園面積あたりの収益がでます。

お茶がいくら高く売れても面積あたり収獲量が少なければ、茶園面積あたりの収益が最高になるとは限りません。

ですから、茶農家は面積あたりの収益が最も多くなる時期に収穫したいと考えます。

しかし、全部の茶園をその時期に摘むことは不可能です。

ですから新茶収獲は早めに始まり、採算の合う間に終わりたいです。

でも、天候で計画通りにできないことは良くあります。

 

         ◇

 

自分が作りたいお茶で茶園管理や製造方法が違います。

・味

・香気

・煎出液の色

・お茶の外観

何を重視するかで茶樹の栽培方法や製造方法はちがいます。

 

         ◇

 

農業は自然相手

お茶の芽は気象条件で伸び方が変わります。

新茶収獲が始まってからの天候しだいで摘み取りが計画通りに進まないことはよくあります。

また、遅霜の被害で思うように収穫できないこともあります。

こう書くと難しそうにきこえますネ。

でも、毎年のことなのでそう心配はしていません。

 

         ◇ 

 

山のお茶と台地のお茶

高品質なお茶が生産される地域は朝霧がたつ河川の中流から上流にかけてです。

たとえば、大井川上流の川根茶や安倍川藁科川上流の本山茶が有名です。

我が家の茶園は牧之原台地にあります。

ですから高級茶の産地ではありません。

 

         ◇

 

茶の品種

お茶は日本各地で栽培されています。

日本で栽培されている品種でいちばん多いのは「やぶきた」です。

今ではいろいろな品種が栽培されるようになりました。

 

         ◇

 

茶の木の増やし方

昔は実生(種を播いて増やす)が多かったのですが今は挿し木です。

茶は「自家不和合性植物」といって自分の樹で咲いた花では受粉しません。

ですから雑種を防ぐために挿し木で増やします。

 

         ◇

 

お茶は苗を植えてから何年で収獲できるの?

5年くらいで収穫できますが一人前になるには10年位かかります。

 

         ◇

 

お茶は年に何回摘むの?

八十八夜前後に摘む新茶、新茶を摘んでから45日後くらいに摘む二番茶、9月下旬~10月に摘む秋冬番茶があります。

もちろん新茶が一番高値で取引されます。

 

 

2021.10.21 Thursday