深蒸し茶 静岡 通販|大茶園の小さな農家

 0548-54-0068
お問い合わせ

栄西禅師

栄西禅師(1141~1215)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の僧侶で、建仁寺(京都最古の禅寺)を開山しました。

中国から日本へ茶の種を持ち帰って播き、喫茶の習慣を日本に広めました。

また、「喫茶養生記」を著し、日本茶の発展に大きく貢献しました。

 

平成訳1.png

 

平成訳2.png

 

日本の茶文化は、奈良時代の遣唐使などにより中国から伝えられたと云われています。

しかし、日本に茶の種が入ったのはもっと前だと思われます。

平安時代、貴族・僧侶の間では既に喫茶の習慣がありました。

ですから、栄西禅師が建仁寺を開山する前から日本には茶樹がありました。

すでに、上流社会では喫茶の習慣があった様です。

 

eisaizensi20210722aa.JPG
牧之原公園の栄西禅師像

 

 

2021.08.01 Sunday