深蒸し茶 静岡 通販|大茶園の小さな農家

 0548-54-0068
お問い合わせ

アヘン戦争とは?

アヘン戦争とは、1840年清とイギリスとの間で起きた戦争です。

ケシの果実からとれるアヘンは鎮痛剤として使われていました。

しかし、モルヒネなどの成分が入っているので使いすぎると麻薬化します。

 

イギリスは産業革命の近代化で発展をとげました。

そして、国民は好んで紅茶を飲む様になり大流行しました。

 

しかし、イギリスの気候は寒くて、紅茶を栽培することができません。

ですから、紅茶産地である清との貿易を始めました。

当時の清は英国の様に近代化していなかったので、清がイギリスから輸入するものはほとんどありませんでした。

 

清はイギリスへ輸出ばかりして輸入はしなかったので、英国のお金は清に流れていく一方でした。

やがて、イギリスは貿易赤字になってしまいました。

 

当時、清ではアヘンを吸引する風習がありました。

イギリスは、植民地だったインドでアヘンを栽培し、清に輸出しました。

清は英国から輸入するアヘンの量が増えすぎて、貿易輸出入の立場は逆転してしまいました。

 

ですから、清は英国から輸入するアヘンを取り締まりました。

このままではイギリスは再び貿易赤字になってしまうので、清に戦争を仕掛けました。

これがアヘン戦争です。

 

清は近代兵器を持つイギリスに勝ちめはなかったので、イギリスと「南京条約」を結びました。

さらに、香港をイギリスの領土として渡しました。

  

2021.09.23 Thursday