静岡茶 深蒸し茶 通販 | 大茶園の小さな農家 |

静岡県牧之原市の茶農家が運営する “深蒸し 静岡茶”の通販サイト
 0548-54-0068
お問い合わせ

輸出されていた日本のお茶

1853年、

浦賀へアメリカからペリー艦隊が黒船に乗って来港しました。

当時の日本は鎖国をしていました。

 

1858年、

日米修好通商条約が結ばれて日本の鎖国が解かれ、日本の西洋化が始まりました。

 

この頃、欧米各国では紅茶を中心にお茶の需要が急増していました。

ですから、日本からもお茶が輸出されました。

この需要に答えるため、日本では牧之原台地を開拓して茶が植えられました。

明治以降、静岡で作れたお茶は横浜港に集められてアメリカを中心に輸出されました。

後に、清水港がお茶の特別輸出港に指定されました。

お茶は茶箱で輸出しました。

茶箱には、蘭字ラベルを貼りました。 

 

アメリカでは紅茶が普及したので、日本緑茶のアメリカへの輸出量はじり貧になってしまいました。

日本でも紅茶が作られていましたが、アメリカではインドやスリランカの紅茶が普及しました。

大正になると、日本茶は主な輸出品ではなくなりました。

 

2020.06.05 Friday